リフォーム 値段

リフォームプランきちんと立ててますか?

闇雲にリフォーム会社をさがしてませんか?
まずは無料でリフォームプランを作成してもらうのはどうでしょう?

損したくない人はどうぞ
>>>まずは気軽に相談から

リフォームに必要な追加の値段は?一般的な内訳について

 

リフォームに必要な追加値段

 

リフォームを実際に行うとなると、見積もりに書いてあった部分だけではなく、
別途追加で料金が発生することがあります。
その代表的な例としては追加工事がですね。

 

 

 

追加工事と言っても、様々なケースが考えられるのですが、最も代表的なのは
工事を始めてから老朽化が判明したというものになります。

 

 

 

例えば、壁の中であったり床下の建材などは見積もりの段階でチェックすることは
できません。しかし、いざ工事をするとなって蓋を開けてみると、老朽化が進んでおり、
土台が腐食していたなどのケースは珍しくないのです。

 

 

 

この場合、老朽化した部分を放置したままにはできませんので、
補強するなどの工事を行うことになります。

 

 

 

 

見積もり以外にかかる費用

 

また、もう1つの例としては工事を始めてから、施主側の要望でグレードアップをしたり、
追加で依頼するケースがあります。

 

 

 

リフォームをすると言っても、なかなか図面だけではイメージがわかないもので、実際に
工事を行っているのを見て、ようやく明確なイメージができるということも少なくありません。
そこで要望が増えてしまうなどのことで、追加工事が発生してしまうのです。

 

 

他にも見積もり以外にかかる費用としては、仮住まいなどが必要であれば借家の家賃、
家具を預けるトランクルームの費用、引越代
などことも考えておきましょう。

 

 

 

リフォームの代金を住宅ローンで行うのなら、ローンの手数料などを支払わないといけない
ケースもありますので、費用は十分に用意しておくことをお勧めします。
小規模なリフォームであれば、これらの費用を気にする必要はありません。

 

 

 

>>>リフォームしたけどアフターサービスの費用・値段はかかる?

無料一括見積りでここまで変わる


こちらのサービスも人気です。
もちろん無料で見積りができます(・∀・)b

>>>リショップナビ 見積もり